PPCアフィリエイトでライフスタイルを作った方法

ASPと一緒にアフィリエイトを行うこと

承認率を無視したPPCアフィリエイトは無謀行為

私が、以前入っていた塾で
PPCアフィリエイトの塾ではありません

とにかく、サイトの数を作ることが大事なんだ!
数、数、数を作れ!!

とサイトの量産を教わったことがあります。

どの案件が、売れるのかなど考えず、リサーチするより
とにかく案件をかたっぱしからサイト作成した人が稼ぐ

と。


前にも記事に書きましたが

PPCアフィリエイトの場合では、確かにサイト作成数は大事にはなるのですが
私たちは、広告費を支払って
アフィリエイトを行っています

いくら、売れる商品だからと言って
「承認率」を無視して出稿を続けると

「発生件数」に惑わされてしまい
結果として「売りあがらない」状況に陥ってしまう可能性があります

 

承認率と提携解除リスク


PPCアフィリエイターの場合は

承認率にこぼれた場合と万が一「禁止キーワード」に
触れてしまった場合の提携解除のリスクがあります


禁止キーワードとは、商標名/会社名などのことを主に指して言いますが

認知されている有名な商品やサービスだと、マッチタイプにもよるのですが
関連キーワードで出稿しても、認知されすぎているために
特に部分一致で出稿すると「禁止キーワード」でYahoo!が出してしまうこともあります

最近では、部分一致ではなくとも
キーワードを広く拾うこともあります


そのため、扱う商品によっては
提携解除もリスクに含まれてしまいます


つまり、PPCアフィリエイトを行う時は広告費を使用するので

承認率と提携解除など売上に加わらない因子をあらかじめ
戦略に組み込んでおかないと
広告費率が何割など、大々的に言える根拠が薄くなるわけです

禁止キーワードの表示は、こちらではコントロールが効かないケースも中にはあります
しかし
承認率は具体的数字が出ているのでASPに確認取ってください
これは、必ずです!
質問して教えてもらえるかは分かりませんが、行動しないと承認率は不明なままです

最近ではステージ制度になっていて
自分の管理画面から確認を取ることもできます


PPCアフィリエイトは、数字根拠が出るアフィリエイトになります
つまり、「広告費の運用」だからです

そのことから、サイトの作成数を作れ作れというだけの人のアドバイスを聞いていては
運用として、成立しない場合があるのでご注意を!

 

CVRを無視したPPCも無謀

クッションページを比較サイトにしようが
レビューサイトにしようが

最終的な広告主サイトのCVRが悪いと
成果地点に達成しません
※CVRとは、成約率のことです

これは、単純にサイトの出来栄えだけで判断してはいけません


例えば
商品の価格であったり
保証であったり

広告主が新規検索ユーザーの購入の敷居をいかに下げて設定しているかどうか
あるいは、商品が価値としての対価があるかどうか

このような所も観察する必要があります

CVRもASPに問い合わせをすると
教えてくれることがあります

 

まとめ

PPCアフィリエイトを行う際に
サイトの作成数が多いと、それだけ色んな案件を見ることにも繋がりますので
アフィリエイトを行う上で、広告主LPを見る目が養われたり
案件に対する知見が広がるので、サイトの作成の数も大事であることは間違いないわけですが

 

PPCアフィリエイトは、上記に書いたように広告費を使用しますので
ASPと連携を取ることが、広告費の赤字を防ぐことに間接的に繋がりますので

可能な限り一緒に戦略を組み案件獲得してくことが重要になります

その際に最低限確認を取るのが
承認率とCVR

まずは、ここを確認取れるように
ASPの担当者を味方につけて、交渉してみるのは
最低限のアフィリエイターとしてのビジネススキルになっていくと思います

 

記事が良かったなって思ったらクリックをお願いします▼▼

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ作者:KEN

はじめまして。KENです。
私はWEB広告が好きで、専業PPCアフィリエイターをやっています
PPCが好きな仲間が欲しくてブログを書いています

ブログランキング!今何位?

カテゴリー