PPCアフィリエイトでライフスタイルを作った方法

比較サイトや誘導や構図

PPCと言えば●●サイト

最近は、マジョ●エイトの
ストーリー型、レビュー型(ブログ型)
のサイトがスゴく流行しているように思います


今も、昔も簡単なので
ずっと誰かが言ってる
サイト作成の一つの型が


1商品をファーストビュー画像と
ボタン、商品説明文と
サイトの下部あたりにバナー

って構成のいわゆるペラサイト


それと、商品をいくつか並べた
比較サイト


PPCアフィリエイトYDNの場合は
アクセスを増やすのは簡単です


その理由は
クリック率を上げるのは
基本は順位と広告文であり

誘導率を決めるのは
サイトですしね


特に、クリック率が上がったからと言って
コンバージョン率(アフィリボタンクリックで計測した場合)
が上がるわけでもないので


このことから
広告費を活用すると
アクセス(クリック)は集めやすいと言えますね


なので、簡単にまとめると
サイトの構成が
キーワードを決めると言っても
いいですね


サイトの構成が
シンプルすぎると
関連したキーワードで獲得しようとしても
どうしても、その商品を購入したくなる
説得力が低いので
購入にも至りにくいですし


逆に商品名に近づくキーワードであればあるほど
商品の事をすでに知っている人が
ターゲットなので
スクロールしないとボタンが出てこない
というのはユーザーにとってストレスになるわけです

そのことから
サイトを複雑にする必要がないという事ですね


なので、PPCに取り掛かるとき

キーワードが入口なのではなく
誘導するサイトがPPCの入口となり


サイト構成の決定の後
どのゾーンのキーワードを
攻めていこうかという
全体設計の運びになります

または
何もない状態から
いきなり比較サイトを作成するというよりも

報酬から入札単価を試算して

まずは、シンプルなペラサイトで
良いと思うので

関連キーワードで
実際にインプレッションが出るのか
確認してから

比較サイトの作成が
無駄が少ないように思います

 

成約の高いサイト
または、そのサイトに関連する
キーワードを考察することだけに
特化できるのが


PPCアフィリエイトということに
なってきます

どんな商品を比べる?

よく、比較サイトで
言われているのが

類似商品の順位付けですね

商品が似てるとか
解決する問題が同じとか
素材が同じとか

そういう商品を
比較により
最適化した提案をしているという事に
なると思うのですが

よく見かけますし
売れると思います


しかしジャンル
あるいは
カテゴリーなどで商品比較になりがちになると
言ったことですね


なので
私の場合は
悩み解決をしたい理由を軸に

商品を比較させたり
順位付けしたりすることもあります

これだと
商品が解決する悩みに直球ではないので
ライバルが少ないこともありますし
ユーザーも
さすがに、飽きもくるので

そういう捻りが良いこともありますね

どの商品を売る?

比較の場合は

紹介したい商品を
紹介することが
利益最大化になるかというと
そういう訳ではありませんし

ASPの管理画面から見て
報酬が高い商品を上から順番に並べても
売れるのかどうなのか

というどの商品を選定するのかという事が
重要になってきます


そのことから
実際に比較サイトに移行する前に
商品を単体で自分で出稿してみて
売れた事実を持った状態で
仕掛けても良いかと思いますし

ASPに相談するのも良いかと思います
比較の順位によっては
特単をもらえることもありますし


順位を引き合いにして
交渉をすることも出来るかもしれません
2位以下で獲得をしていれば
1位にすれば、もっと売れるといった感じですよね

順位決定は正直コツがあります
興味がある人は連絡くださいね


このあたりは
担当者の方と相談して決めても良いのかなと


PPCの場合は
承認率と承認フローは本当に重要です


何でもかんでも
比較にしてしまうと
大変なことになる可能性がありますので
そこだけは注意してください

本日は以上になります

記事が良かったなって思ったらクリックをお願いします ※画像がクリックできます▼▼

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ作者:KEN

はじめまして。KENです。
私はWEB広告が好きで、専業PPCアフィリエイターをやっています
PPCが好きな仲間が欲しくてブログを書いています

ブログランキング!今何位?

カテゴリー